SuRuRuの副作用

SuRuRu(スルル)の成分効果と副作用の危険性を徹底解析!

 

この記事ではSuRuRu(スルル)の危険性について解説します。

 

除毛クリームSuRuRuに含まれている全成分の効果と、その副作用の危険性を一覧でまとめています。

 

安全性の高い脱毛クリームを探している人は、この記事の内容をしっかりと確認しておきましょう!

 

成分名 効果 副作用の危険性
チオグリコール酸カルシウム アルカリ系の成分。ムダ毛を構成しているケラチンたんぱく質に反応することで分解を行い、その結果根元からきちんと除毛することが出来ます。
シア脂 シアバターという呼び方が有名。シアバターノキの種子から採取される植物油脂であり、皮膚の保護、水分量増加によってエモリエント作用が得られます。
ダイズエキス イソフラボン、たんぱく質、サポニンを含んでいます。アンチエイジング効果が得られると同時に、女性ホルモンに似た働きで発毛を抑えます。
シソエキス(1) 保湿剤、炎症防止剤として用いられることが多く、収れん作用、消炎作用によって肌のきめが整い、乾燥を防ぎます。
dl-α-トコフェロール ビタミンE誘導体の一種であり、血行を促進し肌荒れを防止する効果、皮脂の酸化を防ぐ抗酸化作用を持ち合わせています。
d-δ-トコフェロール ビタミンEの中でも抗酸化作用が強い成分です。ビタミンEは単体よりも同時摂取でより効果が期待できます。
天然ビタミンE 合成よりも天然のビタミンEの方が体内で効果を発揮しやすくなります。血行促進、肌荒れ改善の効果あり。
1,3-ブチレングリコール 保湿効果があり、皮膚への刺激や毒性が少ないことで知られています。
1,3-プロパンジオール 角質の水分量を増やして保湿をする効果とともに、抗菌・防腐作用で製品の劣化を防ぎます。
1,2-ペンタンジオール べたつかない保湿成分であり、抗菌性に優れているので防腐剤の低減に役立ちます。安全性が非常に高い成分です。
ステアリルアルコール 保湿効果、皮膚の保護及び柔軟効果があります。乳化剤の目的でも配合されています。
ポリオキシエチレンセチルエーテル 乳化剤、洗浄剤、また、香料などを溶かしやすくするために配合されています。
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル グリセリンと同じくらいの保湿効果を持ち、さらには抗菌作用や消臭作用にも優れています。
モノステアリン酸ポリエチレングリコール 水と油の間に入ることでそれぞれを混ぜることが出来る、乳化剤の役割を担っています。皮膚や目への刺激がほとんどないとのこと。
パラフィン ロウのことですが低温で溶ける性質を持ちます。化粧品の伸びやモチが良くなります。
流動パラフィン 純粋な炭化水素であり、潤滑作用、浸透作用によって皮膚を保護します。
水酸化カルシウム 消石灰という別名を持ち、古くからこんにゃくの凝固目的に使われています。pHを調整するのに利用されています。
水酸化ナトリウム アルカリ剤であり、乳化剤として、pH調整剤として配合されています。
香料 原料臭をマスキングしたり、香りによって防腐効果を高めたり、リラックス効果をもたらしたりとさまざまな目的で用いられています。

 


SuRuRuに配合されている成分の効能及びその副作用についてまとめてみました。

 

SuRuRuには刺激性の強い成分は使われていないので、敏感肌で肌への負担が気になる方でも安心して使うことが出来ます。

 

ただし、SuRuRuは顔やビキニラインなどのデリケートゾーンには使用しないでくださいと書かれています。

 

SuRuRuに限らずですが、やはりデリケートな部分のムダ毛ケアをしたい場合は、専門の脱毛サロンなどで処理してもらったほうが良いですね。

 

SuRuRuを使ってみたという人たちの口コミ情報も好評で、肌荒れなどの報告は見当たりませんね。

 

敏感肌の人でも、気にせずにSuRuRuを使ってみる価値はありそうですよ。